弁護士による無料相談なら船橋シーアクト法律事務所

労働問題(使用者側)の相談

  • HOME »
  • 労働問題(使用者側)の相談

労働問題(使用者側)

船橋シーアクト法律事務所では企業のお客様からの労働問題全般のご相談を承ります。

労働問題(企業側)のよくある相談

・労働審判を申し立てられた(残業代請求・不当解雇)

・パワハラ・セクハラ問題

労働審判を起こされた場合

労働審判は申立書が届いてからスピーディに進行するため,対応や準備の時間があまりとれません。時間との勝負もなるので,直ぐに弁護士に相談してください。

パワハラ・セクハラを訴えられた場合

パワハラ・セクハラによる損害賠償請求では,実際にハラスメント行為を行った役員や従業員だけでなく,会社に対しても請求されることが多いです。

会社としては,直ぐに事実関係を調査するとともに弁護士に相談するようにしてください。

また,パワハラ・セクハラが事実であれば,再発防止策をとることも重要となります。

セクハラ(セクシャル・ハラスメント)とは?

① 地位利用型

上司等が,職務上の地位を利用して,昇給昇進をほのめかしたり,逆に減給降格・解雇をほのめかしたりして,相手の意に反する性的な要求を行うものです。

② 環境型

職場で性的な発言をしたり,ヌード写真を持ち込んだりするなど種皮に不快感を与える性的言動をして職場環境を悪化させるものです。

相談予約・お問い合わせはこちら TEL 047-436-8575 受付時間 平日9:00~20:00・土曜10:00~18:00・日祝不定休

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.